HikoWebLog

ブログトップ

動きについて行けない

 転居先を漠然と探し始めたのが今年七月末。次に住むのは大東建託二階だけど内階段のアパートがいいな~と思ってたので、八月はそれらを中心に物色。
 八月末日に今のアパートの退去申込をし、同時にある一軒に決めて入居申込をしたのだが、その辺りから、建設から入居受付まで一手に引き受けてるという大東建託の営業が、この買手市場の業界にあってオーナ側に立ってる感じでイヤになり始めていた。
 内部環境としては良いと信じているし、更新時に費用が掛からないことにも好感が持てる。しかし、それだけに交通の不便なところにある(なぜかここの物件は不便なところが多い)割には家賃が高いし、お節介にも浄水器が内蔵されていて気に入ってる手持ちの浄水器を使えないのが決定的。

 いろいろ考えているうちに九月も中旬に入ろうとし、Yahoo!不動産を使って探し始める。これが意外にも使えた! ネット上の情報だけで決めたのではなく、絞り込むことによって希望する物件に強い不動産屋を見つけた。
 内階段好きなのでネットではテラスハウス(メゾネット)に絞って探したが、実際に現地を見てみると、エアコンの台数が必要になることが分かった。エアコン付の物件でもそれは一階のLDKのみで、暑い埼玉では二階にも買い足す必要は絶対アリ。感じはいいのだが、現実的でないことを実感。
 ところが、同時に紹介されたマンション(鉄筋コンクリート造りのアパート)にいいものが結構あった。賃貸住宅暦24年半にしてコンクリート製住宅に住んだことが無いのだが、築年数が多めでもリフォームされてれば問題無く、家賃も見合う。浄水器も使える。

 探している地域では賃貸住宅の空室が多く、九月の人事異動(未だに日本は期末異動を繰り返してるのね)に合わせて埋めたいという傾向が強いらしい。
 実際、目を付けていた物件は毎週家賃が下がったり、一ヶ月家賃フリーなどあたり前の世界。さらに値下げや設備充実を持ちかけると、入居申込があれば交渉してくれると言う。

 駅からちょっと遠めの、でも最上階角部屋に決めることにし、最後に駅から歩いてみたり周辺の散策や車での出入りなどシミュレーションをした。翌日、扱う不動産屋に連絡をしたら、そのシミュレーションしていた日に決まってしまったそう。トホホ・・・
 そのマンションは1/3が空室だったけど、週に2回も家賃が下がって動きが早まった。中階中部屋は気に入ってなかったけど、今住んでるところの2倍ぐらいの広さがあるし家賃も最上階よりさらに安いので、思い直して見せてもらってそこで決めることにした。シミュレーションも済んでるし。
 しかしここも、見せてもらう当日の朝に連絡が入り、前日に決まったとのこと。ついでに見せてもらってからたったの6日間、決めてしまう不動産屋のチカラも凄いけど、私にはとてもついて行けない。

 月末までに退去すると宣言していたので、これ以上新居決定を先延ばしできない。同時に周辺調査やシミュレーションをしていたマンションに、行先変更して入居申込をした。申込をしていた不動産屋のテーブルの隣に座っていたカップルは、丁度、その日見せてもらうはずだったマンションへの入居申込をしている最中だった・・・
 現時点では、申し込んだマンションの稟議と審査を待っているところ。礼金ゼロと家賃値下げを申し入れていたので、これの稟議。連帯保証人で済ませたかったけど、最近増えてる保証会社でないと契約できないのでその審査。2年間で家賃の30%も必要。
 駐車場も見に行って、規定でないところに変更してもらったり、通勤のシミュレーションをしたりと気持ち的にはかなり落ち着いてきた。あとは最終決定をし、各種契約や住所の煩雑な変更手続きが待っている。
[PR]
by Hiko_23 | 2004-09-17 14:11 | 日記