HikoWebLog

ブログトップ

笑えた

 カフェラテを飲もうと思った。ホットの。常に温められているカップをセットし、縦に並んだコーヒー,アイスコーヒー,アイスカフェラテ,カフェラテから、何気なく、でも迷うことなくキーを押した。おおーッ!
 キーを押されて残った赤い表示は、意外にも「アイスカフェラテ」だった。一瞬、誰かに見られてはいないかと振り返ったが、恥ずかしさを感じる前に笑ってしまった。特別なことでない限り、たいてい冷静な私にこんなことが起こるなんて。してしまったことに悔いることはあっても、単純に笑えることなんてないのに。

 で、氷を入れない「アイスカフェラテ」はどんなかと言うと、まず量はホットと同じぐらいかやや少なく見える。氷を融かすことを前提に濃~く少なくなっている訳ではなく、泡立ちが悪いだけだ。
 驚いたのはその温度。ぬるいのだ。毎回豆を挽いて淹れるため熱湯が使われ、温度を下げているのは客がグラスに満たした氷だと思っていた。蒸気が噴き出すように見えるのはミルクを泡立てるためで、コーヒーは予め冷まされてから出てくるのだ。

 分析ついでに、私がキーを押し間違えた理由を考えてみると、上記のように並びが熱,冷,冷,熱となっていたからか。ホットコーヒー,アイスコーヒーときたら、次がホットカフェラテだと。
 店はジョナサン。全国的にこの配置なのかなぁ。それとも東松山上野本店(うえのホンテンじゃないよ)だけなのかなぁ。

[PR]
by Hiko_23 | 2004-03-11 23:59 | 日記