HikoWebLog

ブログトップ

フライ・八木橋・今年の最後

今日は今年の花火追っかけの最後(予定)、自宅から車で30分の熊谷の花火大会。個人的なメッセージとコマーシャルだけで構成された、まさにローカルな花火大会。
しかし打ちあがる数は1万と多く、アクセスの良さ、広大な駐車場、芝生の上で、しかも余裕のスペースの観覧場所。申し分なし。

駐車場が広いと言っても観覧場所に近いに越したことは無いので、到着したのは開始の4時間前。今日の熊谷の最高気温は37度。さすがは熊谷の名物?の一つも体験できた。
歩いてショッピングモール内のフードコートに行き、久々の名物フライ(写真上)を注文。名物と言っても行田の名物だけど。しかし、出てきたフライはお好み焼きのように厚めでチョット不満。あぁ、ゼリーフライも食べたいなぁ。

花火の内容は上記のとおり。開始時でも31度と暑かったけど、芝生の上で助かった。まわりにかなり余裕があったので、寝そべって鑑賞。
構成は、たった3000発の東松山に負けてる。広すぎて打ち上げ場所が遠いのも要因かもしれないけど、迫力があったのは100発揚がった尺玉ぐらい。

こんな感じで、相当見ごたえのある花火にしか拍手が起きなくなっていたが、熊谷とその周辺にとってのデパートの中のデパート、八木橋がコールされると、打ちあがる前から歓声と拍手。こんなことは他では起きない。
内容は圧巻。スターマインと言っても尺玉など大きな花火を贅沢に使ったもの。カネと力に物を言わせたようなこの花火が、終了30分前だったのがちょっと残念。この花火で帰る人が多かった。 a0010814_458835.jpga0010814_4582161.jpg
[PR]
by Hiko_23 | 2004-08-14 23:59 | 日記