HikoWebLog

ブログトップ

新しい町 I

 新たに暮らすことになった町は、埼玉県北本市。埼玉に住んでいる人に聞いても、「それ、何? どこ?」と言われるような町。

 先月まで住んでいた東松山市は、JR路線網から外れ、山に近いところにあるけど、市として50年の歴史を持ち、9万人以上が暮らす地域の中心都市。
 片や北本市はJR幹線沿線とは言え、市になって33年、人口も7万人ちょっと。面積も小さな、中途半端な町。回りの市町に助けられ、あるいは協力し合って成り立ってる。
 東松山では独立していたのに、

・ごみの処理は、鴻巣市・北本市・吉見町川里町 埼玉中部環境保全組合
・水道は、桶川北本水道企業団
NTTの料金区域は、熊谷(048-5xx-) 隣の桶川市は浦和
・陸運支局は、埼玉(大宮ナンバー) 隣の鴻巣市は熊谷ナンバー
・警察署は、鴻巣警察署 隣の桶川市は上尾警察署
天気予報の地域名は、埼玉県南部 隣の鴻巣市は北部

・・・ってな感じ。ちなみに、北隣の鴻巣市境まで約1km、南隣の桶川市境までも約1km。ちっちゃい、特に南北方向に。

 転入届を出しに行って初めて市役所に行ったけど、古~い二階建ての建物が数棟、暗い渡り廊下で繋がれている。文化財にはなれない中途半端な古さだけど、そして働いてる職員は使い難いだろうけど、何だかホッとした。
 大した規模の自治体でもないのに、新しくて巨大で贅沢な役場のあるようなところには、やっぱり住みたくないから。

 しかし、市指定のごみ袋というのを初めて体験している。有料のそれ以外は使えないから、レジ袋の有効利用ができない。
 おまけにごみの区分がかなり違っていて混乱中。ブ厚いごみマニュアルまであって、特に範囲が広い粗大ごみには一品一品料金が具体的に書かれている。
 袋の種類は3つ。隣の桶川市は7種類だったので、住む場所を選ぶときに条件の一つになったことは事実。a0010814_6282056.jpg
[PR]
by Hiko_23 | 2004-10-09 23:59 | 日記