HikoWebLog

ブログトップ

そして...を抜いた

 近頃、特に気になりだしたのは二十一世紀に入った辺りからかなぁ。テレビを見るのが辛くなってきた。直接的な理由は

・ コマーシャルになると急に音量が上がる
・ 頻発する効果音
・ 日本語なのに字幕が出て、音声が出る前に内容が分かってしまう
・ 映像を楽しみたいのに、上下左右に文字だらけ
・ 情報・バラエティ番組だらけ,NHK教育までもが

ってとこかなぁ。どれも同じレベルでいやだけど、特に音に関する悩みを解消するのは消すしかない。
 どれもが、テレビ局総出でウケ狙いに走っているからだと思う。ウケてくれないと困るから、ウケて欲しいところになると画面に色付文字を出して効果音を付ける。民放の情報・バラエティから始まったこの手法が、今やNHKニュースをも凌駕している。
 今の番組制作者、こわがりなんだね。かわいそう。

 あんな教育番組では、子どもに見せられない。ニュースはネットで新鮮なのが手に入るし、バラエティはラジオのが想像力を膨らませられて楽しい。「てるてる家族」や「ニュースステーション」も終わってしまった。すると...
 私にできることは、テレビの電源とアンテナ線を抜くこと。2004年4月5日(月)、何となく実行してみたけど、やってみれば何の支障も無い。

 静かな時間が流れている。
[PR]
by Hiko_23 | 2004-04-08 05:25 | 日記