HikoWebLog

ブログトップ

インターネットとテレビ

 この二日間は旅先でインターネットでニュースを見ることができなかったので、丸4日ぶりでテレビを見た。
 得たかった情報はただ一つ、イラクへの侵略戦争によりトバッチリを受けた3人の日本人の情報。文字と写真のWeb情報より、もっと細かいニュアンスを掴めるのではないかと。

 しかし、テレビでの報道に目新しいものはなく、やかましいのでこのニュース以外をほとんど見ずに消してしまった。
 日本政府からの要請であろうか、映し出された拉致された3人の様子は、「今のところ大丈夫だよ」と思わせようという配慮がありあり。もっと切迫した状況は、他国のメディアではストレートに流されている。これじゃあ、日本のテレビはインターネット以下だ。政府のプロパガンダだ。

 帰宅してからは、またテレビの無い静かな、しかし世界からの情報を生で得られる生活に戻った。
[PR]
by Hiko_23 | 2004-04-11 02:30 | 日記