HikoWebLog

ブログトップ

カテゴリ:PC,Internet( 3 )

フレンドマップが15ヶ月足らずで閉鎖

 私も利用していたソーシャルネットワーキングサイト(英語では「SNS」という略しかたは無いようである)のフレンドマップが、2005年6月20日(月)正午で閉鎖となることが、5月16日(月)昼過ぎに会員宛メールで通知された。
 ちょうど旅行から帰ったこの日の深夜には会員の行動が活発だったようで、アクセスすると非常に「重い」状態だった。

 私自身のフレンドマップの利用状態は主に、43人いた「友達」を中心とした日記の交換(日記を公開し、お互いの日記を読んだりコメントしたりする)と、「サークル」という名の掲示板集合体。日記には公開レベルを設定でき、コメント者も特定できる点で便利だった。サークルのオフ会にも何度か参加し、新しい人間関係ができた。
 友人数43という数字には意味が無い。この数を競ったり誇ったりする向きもあったが、実際にはこの中で日記など交流を持つ相手は多くない。日記の機能も、ブログより遥かに劣る。サークルには掲示板しか機能が無いので、結局はオフ会の打ち合わせで終わってしまう。その他、friendstarなどに比べれば機能はとても少なく、「閉じた」ネットワークを活かした機能が提供されないままでは拡大しないのは当然か。

 閉鎖されると聞きバックアップ以外に取ろうとした行動は、フレンドマップで初めて知り合った人たちと今後どう繋がっていくか。私が主宰するサークルは放置するが、活動的だった他の2つのサークルではそれなりに話し合われているので良い。主題は友達だ。
 43人のうち、私が繋がりを切りたくないと思う人は十数人。これまでと同様にソーシャルネットワーキングサイトで続けていければ違和感は小さいが、相手もそのサイトに参加し同意を得なければならない。
 すでにトモモト,mixi(ミクシィ),FC2ネットワークには登録していたが、最近ではフレンドマップに集中していた。このうち、フレンドマップでの私のまわりの人たちはmixiと、Commit 4 Uへの移行を模索する動きがあり、私も登録してみた。mixiやCommit4Uでフレンドマップでの「友達」を探し、あるいは見つかり、そこで「これからもよろしく」と挨拶するのは、奇妙でもあり嬉しくもある。

 また、この際にと、思い切ってブログを始める人もいる。記事の公開に制限を掛けることは難しいが、多機能であり、コミュニティの範囲が広がることはプラスではある。
 結局は相手によって繋がる手段が多様化してしまうことは致し方ないことであり、例えば私の妻のようにフレンドマップの使いかたのみやっと覚えたような人は、関係を淘汰せざるを得ないだろう。私自身はブログをFirefoxのRSSリーダ機能(Firefoxではライブブックマークと呼ばれている)で読んでいるので追いかけることは難しくないが、複数のソーシャルネットワーキングサイトに積極的に関わることには気が重い。それにブログには所謂「日記」を載せられない。

 フレンドマップ閉鎖まであと1ヶ月余り。現時点で、他のソーシャルネットワーキングサイトで7人の「友達」が続くことになった。5人のブログをライブブックマークした(両者はほとんどダブってるが^^;;)。
 これからも移行をお願いし、移行先で「友達」を探し、少しずつ修復していくのだろう。「維持」作業を早く終え、停滞しているネットワークの拡充に移りたい。
[PR]
by Hiko_23 | 2005-05-18 19:15 | PC,Internet

Netscapeよ、本当にサヨウナラ


 今朝のPC起動時、標準のブラウザ/メーラに指定しているNetscape 7.1の設定がすべてクリアされていた。インストール後の状態に戻っていたのだ。いや、正確にはブックマークとアドレス帳だけは騙されているのか、以前のものを使ってしまう仕様のようだ。
 この現象はPCのトラブルに関係なく、実は原因があるのかもしれないが、突然襲ってくる。Netscape7になってからのことだ。頻度は数ヵ月ごと~月に数度。

 復旧作業はかなりの手間。
 ブラウザのほうは、ツールバーをかなり変更して使っているのでこの設定。それでも、使い込むことによって積み重ねたパスワードマネージャはどこかに行ってしまうので、よく訪れるサイトを開くたびにフォームに入力。
 メーラはかなり複雑。アカウント情報やメールそのものについては他のソフトの形式からインポートする機能はあるのに、自分自身のバックアップから復活させるツールがない。私はアカウントを5つも設定するので、これらを一から手動で作成。その時に作成されるメールファイルに今までのファイルを強引に上書きし、フォルダ名やファイル名を本来のものに書き換えるといった流れで、アカウントにつき2~4ファイル行なう。他の方法もあるが、これが私の一番納得できる復旧方法。

 私がパソコン通信からインターネットに移行を始めた頃、Microsoft Internet ExplorerやMicrosoft Internet Mailはとても使えるシロモノではなかった。ブラウザの入り口は自然とNetscape Navigatorとなり、メールはまだまだテキスト系のパソコン通信ソフトで十分であった。
 その後メーラがバンドルされてNetscape Communicatorとなり、バージョン4.73でピークを迎える。同機能の他のソフトなど、まったく考えられなかった。
 そのNetscape Communicatorも4.75辺りからおかしくなり、なぜか5を飛ばしてできたNetscape 6は新しすぎたのか、当時のPCの性能が追いつかなかったのか、使いものにならなかった。この頃出てきたタブ式ブラウザのOperaに乗り換えようとも思ったがこの無料版にはかなり馴染めず、Netscape Communicator 4.73でジッと我慢。
 そして満を持してのNetscape 7。タブ式ブラウジングやウィルスに見放されてる点、その他Internet Explorerにはできない、でも必要な機能がたくさん。これからも付き合って行くのかな~と思っていたら上記の現象。しかも2003年夏を最後に、日本語版では動きがまったく無くなった。
 NetscapeのエンジンともなっているMozillaの動きが最近活発だ。今度こそ、Netscapeにはサヨナラだ。ホントにホントにだッ!

 乗り換え先は、もっともスムーズに行なうなら兄弟のような関係のMozilla 1.7.3となるだろう。メーラもある、Netscapeにはあった不要なメッセンジャは無い。でも、HTMLエディタは要らないなぁ・・・
 以前から、10年以上愛用している秀丸エディタの姉妹品、鶴亀メールが気になっていた。秀丸エディタの使い勝手が継承されているだけでなく、悪名高きHTMLメールをテキスト形式でしか表示させず、もちろん作成もできない徹底さが魅力。MozillaにはThunderbird 0.9というメーラも用意されいるのだが、Netscapeで一番苦労させられたメールについてはまったく別物にしたくなった。
 残る必要なものはブラウザだけ。この機能に特化し、タブ式ブラジング可能で、最近急に人気の出てきたFirefox 1.0で文句ナシ。
 結果、以降先はFirefox + 鶴亀メールとなった。

 ブラウザの移行は簡単。インストールして、初回起動時にNetscape 7の設定をインポートしただけ。見た目はNetscape 7.1をカスタマイズしたときとほぼ同じで、改めていじるところナシ。使い勝手もほぼ同じで、それどころか明らかに軽く早い。必要な機能も揃っていて、しかも整理されていた。
 メーラの移行は、思ったより手間が無かった。Netscape 7.1ではできなかったバックアップからのメール復活は、鶴亀メールではUnix MBOX形式でそのままインポート可能。アカウントの設定を一からやるのはNetscape 7でも同じこと。インポート機能の無いアドレス帳に一番苦労しそうに見えたが、鶴亀メールではカンマ区切りの単純なテキストファイル。直接編集可能なので、CSV形式でエクスポートしたNetscapeのアドレス帳の不要部分を落として秀丸エディタで追加しただけで済んだ。

 これまでのところ、いずれのソフトにも以前からのマイナス面は見つかっていない。あぁ、やってよかったなぁ、サヨナラを。

[PR]
by Hiko_23 | 2004-12-02 20:07 | PC,Internet

プリンタ内部の部品調整が必要

 プリンタ使用中の知り合いのPC画面上に、イキナリ「プリンタ内部の部品調整が必要」と表示された。いや、正確には印字がかすれるため、ヘッドクリーニングを何度も繰り返している最中。それが「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に近づいています」と言われればすぐに納得。
 他社のプリンタは構造的にも違うだろうから分からないが、このエプソンのプリンタについては修理という形でこの廃インク吸収パッドを交換してもらわねばならない。Webでちょっと検索してみると、こういった庶民機をプロ的に使っている人は、しょっちゅう修理という名の交換に出しているらしい。
 5年近く前に購入した、今ではあり得ないほど入門機とも言えるCL-700という機種。その時だって1万円前後で買ったもの。送料と修理代出すぐらいだったら、これより何十倍も性能の良い今の入門機を買ったほうがマシだと普通に思った。

 でも、修理に出した。料\1,060。モノは試し、ではあるが、モノを粗末に扱うのが苦手だったことのほうが大きいか。電話で告げられた見積り額は\3,150。まあ、パッド交換だけならこんなもんか。それに、返送料は向こう持ちだし。往復5日間。
 帰って来たプリンタ。わぁ、梱包材がしっかりしたのになってる! と、機能に関係ないことに感動したあと、妙にキレイになってるのに気づいた。掃除はしてると報告書にはあるが。
 外装がそっくり交換されていた。修理前は取り付け部が一部壊れてて、ガバガバ外れるのでテープで止めてはいたのだが、ご丁寧に新品になっていた。シリアル番号の記入されたシールや銘板、インクカートリッジの案内などが、剥がされて貼り直された跡がありありとしていたからすぐに分かった。
 この他、基板が交換されていると報告されているが、他にもあるのかもしれない。少なくとも、インクカートリッジは新品。最近買い置きしたのが1セットあるが、これが\2,498もしてたのに。これが5年も経ったプリンタとは・・・見違えた。

 使ってみても、全体に気になった劣化を感じていた部分が直り、心地良い。ここまで来ると計\4,210の出費をした甲斐は大いにあり、素直に修理(交換)に出すことをお薦めする。
 いや、これは自分で廃インク吸収パッドを交換できないようにしてしまったから、ちょっとした詫びる態度を取っているのかもしれないが。
[PR]
by Hiko_23 | 2004-11-30 02:09 | PC,Internet