HikoWebLog

ブログトップ

<   2004年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今宵の大きな月

ゆりかりんさんの日記に触発されて、私の古いコンパクトデジカメで満月を撮ってみました。
今宵の満月の意義は、ゆりかりんさんの日記を参照。

露出もピントも自動のデジカメでは、これが限界。200万画素まで撮影可能なデジカメで、光学3倍ズーム、約80万画素で撮ってトリミングしました。
明るさを減らしてみたけど、月の「海」は写ってなかった。肉眼でははっきり見えるのに。 a0010814_3545830.jpg
[PR]
by Hiko_23 | 2004-07-31 23:59 | 日記

暑い。せめて

写真だけでも涼しく。ってか、極寒だった・・・

熊谷では、今日で26日間連続真夏日。今月全部。しかも、10日間連続35度以上。
暑さに弱いって言ってるのにー。
この歳になって、なんとなく慣れ始めている自分がちょっとスゴイ。 a0010814_3493163.jpga0010814_3503052.jpg
[PR]
by Hiko_23 | 2004-07-24 20:13 | 日記

tobbyさんブログ復活!?

 お友達のtobbyさんがブログを再開したので、私もトラックバックがてらちょっと復活。

 と、久々にexcite ブログしてみると、投稿画面にいろんな機能が増えてる。ブログにおけるPINGって何だ・・・?
[PR]
by Hiko_23 | 2004-07-24 10:37 | ブログ

最近、地に足が着いてる

な~~~と言うより、着きっ放しだなー。
墜落して以来。

普通にPCから添付ファイル付きメールしてみた。
a0010814_3463034.jpg

[PR]
by Hiko_23 | 2004-07-23 23:59 | 日記

ジェンキンスさん

 つい一週間ほど前、初めて見た生映像ではあんなに元気そうだったのに、日本に来ることを決意したと伝えられた辺りから杖をつくようになり、インドネシア空港に着いたときはスタスタ降りてたタラップを日本では体を支えられ、ついには車椅子での移動。
 いつものようにアメリカとの交渉をうまく進められない日本政府の要請で装ってると予想できるけど、それをほとんどのマスコミは政府の思い通りに伝える。
 ジェンキンス氏もマスコミも、いつまで経っても利用され続けるんだなぁ。
[PR]
by Hiko_23 | 2004-07-19 23:59 | 日記

今年も花火大会巡り

 Webで見つけて突然行くことにし、川越の親戚を誘って「小江戸川越花火大会」へ。年によって会場が変わるらしいが、今年の会場は市街地はずれにある伊佐沼というところ。花火を見るにはこの場所のときが良いそうだ。
 市街地ではないと言っても人口の多い川越。立ち入り禁止区域内には住宅もあって、その前に消防車が待機している。

 たまたま連れてってもらったところが偶然良い場所で、沼に面して見晴らしもいいし、打ち上げ場所はこちら側の湖岸。
 住宅地が迫っていることもあって、花火はスターマイン中心で最大でも4号玉(約12cm)早打。でも、それだけ近づけているということで、迫力は十分。風に適当な強さがあり、絶好のコンディション。

 今回初めて見られたのは、水上スターマインという水上花火。沼の上を一隻の小船が移動しながら火の点いた花火を次々に投げ込み、船が適当に離れたところで炸裂する仕組み。
 単純に早打ち花火の上半分が半球状に見えるんだけど、スリル感が違う。打ち上げないので、いつどこで爆発するか分からないのだ。これを見られただけでも、行って良かったと思えた。

 人が集まるだけのメジャーな花火大会には興味がなくなり、近年は車で行っても平気な地方の小さな大会巡り。今回の5,000発は多いほう。

 一週間前のオフのときはDVカメラの買出しを兼ねていて、今回はそれを使って花火を撮ってみた。
 生まれて初めてビデオカメラというものを買ったのだけど、思ったよりコンパクトだし軽いし余計な気を使わずにキレイに撮れる。そして安い! 静止画機能はどうでも良かったので、6万円台だった。
 デジカメでも花火を撮ったけど、シャッターチャンスが難しいしどうしても手ブレる。写真は何十年も撮ってるので子供ができてもビデオには手を出さないつもりだったけど、やっぱり動画には動画の良いところを再発見した気がした。
 下の写真は、いつものように手ブレしたデジカメのもの。 a0010814_3375584.jpga0010814_3381279.jpg
[PR]
by Hiko_23 | 2004-07-18 23:59 | 日記

1982年12月17日、山形市民会館

 きっかけは忘れたけど、なぜか行くことになった佐野元春のコンサート。行きと帰りじゃ大違い。以来・・・
 と、日付を正確に記憶していたわけじゃなく、二日前に紹介した当人のWebサイトに今までの全記録が載ってたから。それを見ることによって、22年前の記憶を鮮明に蘇らせることができた。
 もっちさんはまだ幼児?

 佐野元春の出ているテレビのバラエティ番組は、よみうり(日本)テレビの「アフリカのツメ」。毎週木曜日23:40から。
 来週も涙しよう。

[PR]
by Hiko_23 | 2004-07-17 16:07 | 日記

目の前に落雷

 ピカッ~ゴロゴロの時間(秒)×3が雷までのだいたいの距離(km)であることはご存知かと思いますが、今日のそれはほぼ同時。いや、その時間が短いほど微妙に差を感じるもので、ピバーンという感じでした。

 ひと仕事終えて我が家のある高坂駅に着き、電車だけ出て行き、ちょうど雨が降り出したので駅で雨宿りしおうかなぁと思った時でした。
 目の前の架線がバリッという音を立て、たくさんの大きめな火の粉が降ってきました。雷が落ちた場所は駅構内にある手動のポイント切替器らしく、煙が上がっていました。
 その場所は、私が立っていた場所からわずか7~8m。鉄道駅ということで電気が伝わり易いものが多かったためか、ケガをせずに済みました。

 落雷直後に入った電車だけが車内停電を起こして1~2分停まっていましたが、信号の故障もなくその後はほぼ平常運行。結構強いもんだなぁと思いました。
 ところが、明かりが点っているのにホームのアナログ時計が動いていない。行き先案内のLED表示も点いてるけど、私が降りた電車の表示のまま。
 落雷地点を駅員に教え、コンコースに上がってみると、やはり停電していないのに時計だけは同じ時刻で止まってる。そして、自動改札機だけが停電で開きっ放し。
 電気の供給系統が分かった気がしました。

 たった30分ですっかり晴れた駅を離れ、振り返ると駅舎にある時計台風のアナログ時計まで同じ時刻で止まったままでした。

↓は、17:00~18:18の上が雷の動きで、下が雨の動き。1000倍速で作ってみました。雷は落ちてから12分ごとに色が変わり、60分で表示が消えます。
 高坂駅は「東松山」と「坂戸」の点のちょうど真ん中ぐらい。急激に発達し、あっと言う間に動いて行ったことが分かります。 a0010814_3232594.gifa0010814_3234422.gifa0010814_325765.jpg
[PR]
by Hiko_23 | 2004-07-16 22:08 | 気象

冬野ライオン

 時代は変わった。本当に二十一世紀になったと、今夜あらためて実感した。
 佐野元春がテレビに出ていた。それは最近では珍しいことではなくなってきているけど、今度はバラエティ番組だ。しかもセリフがあり、当然ボケもある。
 大学三年、佐野元春。大台まであと2年。思うとこ、何かあるのだろう。

 放送は、来週も続く。
[PR]
by Hiko_23 | 2004-07-15 23:59 | 日記

午後6時、室温41度

 今年は早くもエアコンがフル稼働。日中は自宅にいることが多いのだが、今日は外出。
 涼しいところから帰った18時、部屋の温度は41度! どーせバブル期に建った木造アパート、壁の断熱効果なんて無いようなもの。部屋の中の物という物すべてが暖かく、特に座布団なんてホカホカで寒い冬までとっておきたい。
 アメダスによると、その時の外気温はまだ34.3度。今日の最高気温は、軽く風邪をひいた感じの37.5度。その頃の室内では、きっと虫も逃げ出すような状態だっただろう。

 昨夜は熱帯夜、今夜も熱帯夜。珍しく晴れそうな七夕の夜だけど、とてもロマンチックにはなれそうもない。a0010814_191632.gif
[PR]
by Hiko_23 | 2004-07-07 18:57 | 気象