HikoWebLog

ブログトップ

<   2005年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

芝生に戻る

a0010814_2037157.jpg つい三日前に、アパートの管理が悪くて庭が叢のようになってると書いたばかりだが、まるで見ていたかのように芝刈りならぬ草刈りに来た。最初に載せたフレンドマップミクシィに担当者が参加していて、気づいたのだろうか・・・という可能性は無いか。

a0010814_20372371.jpg 静かな住宅街に草刈機の音はうるさいし、窓からは直接排気ガスが入ってきてしまう。しかし、やがてきれいになるだろう庭のことを想像すると、気にならなくなるなんて現金なものだ。それよりも草刈り独特のいい匂い、草たちの断末魔ではあるが、が心地よい。

a0010814_20374833.jpg 草刈機の歯は斜めに入るので、いくら丁寧に刈っても斑になるのは仕方がない。この際よしとしよう。こちらの自由になるのなら、欧米でよく使われている転がすだけの芝刈機を導入したい。


a0010814_20384139.jpg 草刈機の音は、お腹を空かせた鳥たちを刺激する。草に隠れていた虫たちが濃縮され、地面にも嘴が届きやすくなるのだ。
 この日も隣の屋根で様子を伺っていたムクドリのつがいが、作業が終わるとともに待ってましたとばかりに食事を始めた。子育てに忙しい時期だ。
[PR]
by Hiko_23 | 2005-05-25 23:59 | 日記

意外な侵入者

a0010814_2031697.jpg アパートの一階にあるこの部屋のバルコニーの向こうは、本来は芝生の広い庭。道路には面していないので、通過するのは猫たちぐらい。
 しかし悲しいかな賃貸住宅の管理。暖かくなるとともに管理の悪い芝生では、芝生以外の草がぼうぼう。月に一度ぐらい管理会社が来ているようだが、背の高い目立つ草を抜いていくだけ。許されるのなら、毎日暇な私が整備したい。
 季節の移り変わりとともに次々に野草が花を咲かす中、今日見つけたのはドクダミ数本。叢化しつつある芝生に、真っ白な総苞が眩しい。
 一見乾燥していそうな庭も、実は湿り気が多いのか? 同じ高さにあるこの室内はいつも乾いているのだが。 a0010814_2032860.jpg
[PR]
by Hiko_23 | 2005-05-22 23:59 | 日記

ここでいいの?

a0010814_19462514.jpg 朝、いつも起きるとすぐ、寝室に使っている和室の窓を開けている。そこから最近聞いていない、でも懐かしい音・・・
 窓の向こうのほうからアパートの上空へまっすぐ飛びながら鳴いているのはカッコウ。静かな町によく響く声で、一瞬、ここは岩手の山中にある母の実家の部屋では?と思ってしまった。
 大怪我をしてから山を訪れる機会が減っていたことを思い出した。

 閑古鳥とはカッコウのことなのだそうだ。そんなに静かで寂しいか、この町。声からして、最近この辺りで鳴いているのは同じ一羽のカッコウらしい。寂しいのは、おまえのほうではないのか?
(写真は2005年5月31日撮影)
[PR]
by Hiko_23 | 2005-05-21 23:59 | 日記

フレンドマップが15ヶ月足らずで閉鎖

 私も利用していたソーシャルネットワーキングサイト(英語では「SNS」という略しかたは無いようである)のフレンドマップが、2005年6月20日(月)正午で閉鎖となることが、5月16日(月)昼過ぎに会員宛メールで通知された。
 ちょうど旅行から帰ったこの日の深夜には会員の行動が活発だったようで、アクセスすると非常に「重い」状態だった。

 私自身のフレンドマップの利用状態は主に、43人いた「友達」を中心とした日記の交換(日記を公開し、お互いの日記を読んだりコメントしたりする)と、「サークル」という名の掲示板集合体。日記には公開レベルを設定でき、コメント者も特定できる点で便利だった。サークルのオフ会にも何度か参加し、新しい人間関係ができた。
 友人数43という数字には意味が無い。この数を競ったり誇ったりする向きもあったが、実際にはこの中で日記など交流を持つ相手は多くない。日記の機能も、ブログより遥かに劣る。サークルには掲示板しか機能が無いので、結局はオフ会の打ち合わせで終わってしまう。その他、friendstarなどに比べれば機能はとても少なく、「閉じた」ネットワークを活かした機能が提供されないままでは拡大しないのは当然か。

 閉鎖されると聞きバックアップ以外に取ろうとした行動は、フレンドマップで初めて知り合った人たちと今後どう繋がっていくか。私が主宰するサークルは放置するが、活動的だった他の2つのサークルではそれなりに話し合われているので良い。主題は友達だ。
 43人のうち、私が繋がりを切りたくないと思う人は十数人。これまでと同様にソーシャルネットワーキングサイトで続けていければ違和感は小さいが、相手もそのサイトに参加し同意を得なければならない。
 すでにトモモト,mixi(ミクシィ),FC2ネットワークには登録していたが、最近ではフレンドマップに集中していた。このうち、フレンドマップでの私のまわりの人たちはmixiと、Commit 4 Uへの移行を模索する動きがあり、私も登録してみた。mixiやCommit4Uでフレンドマップでの「友達」を探し、あるいは見つかり、そこで「これからもよろしく」と挨拶するのは、奇妙でもあり嬉しくもある。

 また、この際にと、思い切ってブログを始める人もいる。記事の公開に制限を掛けることは難しいが、多機能であり、コミュニティの範囲が広がることはプラスではある。
 結局は相手によって繋がる手段が多様化してしまうことは致し方ないことであり、例えば私の妻のようにフレンドマップの使いかたのみやっと覚えたような人は、関係を淘汰せざるを得ないだろう。私自身はブログをFirefoxのRSSリーダ機能(Firefoxではライブブックマークと呼ばれている)で読んでいるので追いかけることは難しくないが、複数のソーシャルネットワーキングサイトに積極的に関わることには気が重い。それにブログには所謂「日記」を載せられない。

 フレンドマップ閉鎖まであと1ヶ月余り。現時点で、他のソーシャルネットワーキングサイトで7人の「友達」が続くことになった。5人のブログをライブブックマークした(両者はほとんどダブってるが^^;;)。
 これからも移行をお願いし、移行先で「友達」を探し、少しずつ修復していくのだろう。「維持」作業を早く終え、停滞しているネットワークの拡充に移りたい。
[PR]
by Hiko_23 | 2005-05-18 19:15 | PC,Internet

体制を指摘されるべきはマスコミ

 JR福知山線の脱線事故当日、別の部署の社員がボーリング大会してたって。でもって、宴会もやってたって。それのどこが事故に関係あるのか、私には分からない。
 これについて、いつものばかマスコミ、こぞって「体制が問われる」だって・・・事故に託けて、いろいろとくだらないこと穿り出して大々的に報道し、「遺族の心情を逆撫でしてる」って、逆撫でする材料を血眼になって探し回ってるのはマスコミの方だろうが。

 事故が再発せぬよう、もっと科学的な見地で取材してくれよ。なぜたかが108km/hで脱線したのか、なぜ直線区間でも揺れていたのか、そしてなぜオーバーランしたのか。人為的ミスに収めようとするのはありがちな当の会社だけで十分だから、マスコミはもっと多角的に考察してみなよ。

 これ以上、亡くなった人や、遺族や、JR西日本の社員たちを愚弄するのはやめてくれ、マスコミよ!

 なお、今までも頻繁に起こっているのに急に報道され始めたオーバーラン。それのどこがいけないのか? 何か危険でもあるのか?
 ただのばかマスコミのネタ探しだとは分かってるけど、うざったい。
[PR]
by Hiko_23 | 2005-05-05 23:34 | 社会