HikoWebLog

ブログトップ

幸運のお裾分け

 その時のことは、8月21日(土)の日記の参照を。その後のことを。

 事故のあと、なかなか発車しなかった救急車を見送り、警察による簡単な聴取を受けた。交通量はかなりあったのだが、現場にいちばん近かった対向車はすべて走り去り、ぶつかった瞬間を見ていたのは私 だけだったのだ。
 空腹感は感じていなかったのだけど、気持ちを抑えるために未だだった夕食を近くで簡単に。その後、食事をしながら思い巡らした原因とか、避け切れなかったかという思いでもう一度生々しい血痕が残る現場に立寄ってからその日は帰宅した。

 翌日の日曜日、管轄の消防署へ。彼の名前も事故現場も発生時刻も正確に分かっていたため、搬送先の病院はすぐに分かった。ケガが軽くて近所の救急病院に運び込まれたと思いたかったが、残念ながら埼玉でいちばん高度医療のできる病院。ちょっとだけ不安。
 その足で、再び事故現場を対向車線側から通りかかり、まだ残る血痕やチョークの跡を横目に病院へ。

 巨大な病院で彼の所在を見つけるのは手間取り、まだ救急科にいるということで不安増大。しかし・・・
 救急科で尋ねて、返ってきた言葉は意外なもの。数針縫ったものの、頭や骨などに異常は無く、すでに帰宅したとのこと。頭から車に大きな音で衝突したのは確かだし、はね飛ばされて体がヒラヒラと宙に舞ったのも確か。
 翌日も消毒のために来院するということで、手紙で言付けようとしたけど通院者には不可能。この時点で、この話は終わっても良かった。

 数年前に私自身が大ケガをして入院したとき、現場にいた仲間に見舞いに来て欲しかった。自分に起こったことを客観的に説明して欲しかった、なぜそうならなければならなかったのかを。しかし、気を遣ってくれたのかもしれないけど、それは叶わなかった。だから、何が起こったのかを見ていなかった彼の母親に、そして記憶が飛んでいるだろう本人に、一部始終を伝えなければならないと思った。
 それに私 は、大きな音とともに宙に舞った彼、血まみれで苦しむ彼しか見ていない。私 自身もショックを受けている。本当に大丈夫なら、そんな彼に会いたいと思った。

 月曜日に警察署へ行き、火曜日の朝には担当の警官に連絡が取れた。ちょうどその日に彼の調書を取るということで、私の名前や連絡先を伝えてもらうことに。その日の夕方には母親から連絡があり、今日、彼とともに会うことになった。他に救助をした人がいてその人たちのことについても聞かれたが、2組いたことしか私には答えられなかった。

 そして今日、雨が激しく降っていたので、近所のファミリーレストランで会うことになった。事故現場までは数km離れているのだが、彼の住んでいるところは私の自宅から歩いて行けるほど近かった。待ち合わせの目印は彼の頭の包帯だったが、実は二、三日前に取れていてダミーだった。
 まだ痛がっているかとか、ショックを受けてはいないかなどと考えていたのだが、そんな心配は無用だった。彼は元気に食事中で、すでに他人なら「うるさいな」と思うような、はしゃぐ少年だった。とてもいい笑顔で、最初からペラペラと話しかけてくる、とてもフレンドリーな少年だった。
 一緒にいた二つ上の兄は、当初はかつてないほど優しく弟に接していたそうだが、以前のように一緒に遊び、ケンカもしている。それだけ回復したということだ。ショックなど微塵も感じられない、思っていたより何百倍も元気だった。

 あの日親子は、めったに使わないスーパーマーケットで買い物をしていた。まず兄のほうが別の店に行ったので、母親は彼に呼んでくるように言ったそうだ。そこで店を飛び出し、交差点を青信号でローソンに向かったのだが、すぐに間違いに気づき、急いで戻ろうとしたらしい。帰りは横断歩道を通らず、確認もせずに走り抜けようとしたのは、「しまった、早くぼどらなきゃ」という気持ちがさせたのかもしれない。
 救急車に乗ってから、病院に着くまでには彼は眠ってしまったそうだ。衝突した場所はやはり左側頭部で、4針縫ったそうだ。他に着地したときに負ったと思われる背中の擦り傷と足の打撲。脳の異常や骨折もなく、翌朝退院。歩けなかったのは二、三日だけで、一週間経った現在でもムチ打ちの症状など無く、夏休み明けは通院先を近所に換え、予定通り新学期を迎えられそうとのこと。
 彼は、やはり事故のことは覚えておらず、救急車に乗って落ち着いたところで「僕はなぜここにいるの?」と聞いてたそうだ。警察からの聴取など経て、自分が悪かったことも知り、母親に謝りもしたそうだ。しかしそれも痛みがあるうちだけで、今は元の活発な少年に。
 事故を母親に知らせたとき、ちょうどスーパーマーケットで会計を終えたところ。買ったものをそのまま残してきたけど、店員が冷蔵庫に入れるべきものは入れてちゃんと取っておいてくれたそうだ。

 躾のこととか、ドライバーのこととか言いたかったことはグッと堪え、事故の一部始終と、当事者が私でも避け切れなかったかもと伝えた。母親は、とにかく礼を言いたかったようだった。
 大人の会話の中では男の子二人が収集つかなくなるのは明白で、それでも一時間半ほど時間を取れた。

 夕方、別の用の帰りに事故現場の交差点を、今度は事故車と同じように右折した。見通しの良い交差点でも唯一、信号待ちの車の向こう側が死角になることが分かった。ここに右後方から駆け込まれたら、気づくのが遅れて避け切れない。今回のことで、いろんな教訓を得た。

(写真:左が当人、右はその兄)
a0010814_613356.jpg
[PR]
# by Hiko_23 | 2004-08-29 23:59 | 日記

もう稲刈りって・・・早くない?

窓を開けて車を走らせていたら、いい匂いが入ってきた。私の行動範囲は、ほとんど田んぼか畑。稲藁のいい香り。
まだ八月ですよぉ、ここらじゃ二期作なんてあり得ないし。もう、実りの秋がやってきてるんです。米の品種にもよるのでしょうが、早いですよね。気温も平年の十月並ってことだし。

何もかも早まってるのか。来月には紅葉して、十月には落ち葉の季節が来たりして。

[PR]
# by Hiko_23 | 2004-08-28 23:59 | 日記

無花果の季節って今?

栗と一緒に、無花果も貰ってました。私、家族とも食べる習慣はないのですが、いつが旬の果物なんだろ?

果実はとても軟らかく、手で簡単に裂けました。ただ甘いだけと想像していたのですが、食べてみればそんな単純な味ではなく、とてもみずみずしい。
私は肉類をあまり食べないのですが、そういったものの消化を助けるそうです。
それにしても、この果実に見える部分は実は花なんだそうですね。文字通りなんですが、驚きです。
a0010814_554677.jpg
[PR]
# by Hiko_23 | 2004-08-26 11:48 | 日記

初栗

一昨日お客様からいただいたのを思い出し、今年最初の栗を食べながら書いてます。茹でたのをいただいたので、写真映りは良くありませんが。
天候が良かったからでしょうか、早いですよねぇ。豊作だそうです。そして、甘い!

ここ埼玉では極端に雨が少なかったのですが、作物には影響はなかったのかなぁ。
a0010814_551546.jpg
[PR]
# by Hiko_23 | 2004-08-25 13:40 | 日記

最後まで

見ていて良かった、女子マラソン
予想どおりの展開だったけど、最後の何kmかは力が入ったなぁ~。
四年前より、さらに感動しました。
[PR]
# by Hiko_23 | 2004-08-23 02:46 | 日記

認識しなさい

 今日は上野でフレマのオフの予定であったが、仕事が入って車で30分ほどのところへ。予想以上に話が盛り上がり、帰りは夜になった。

 遅くなったことは幸運。帰りの進行方向に花火が見え、早速お手軽な観覧場所を探す。程なく工事中の道路がみつかり、そこでは路肩に車を停め、座席を倒すだけで側窓から花火を眺められた。そこは穴場中の穴場とも言えそうなところで、寝転がって見なければならないほど花火が近かった。
 予想外の今年4回目の花火見物。仕事さまさま。毛呂山町サマーフェスティバルの一イベントで、1時間・1,000発強だと思うけど、止め処なく揚がるので見ごたえがある。
 車の中から花火を見られたので、終了後の動き出しは早い。渋滞が始まる前に、いや渋滞は起きなかったかもしれないけど、速やかに離れられた。田舎の花火バンザイだ。

 夕食はどこで食べようかと考えながら、車は我が家から数kmの真新しい正にニュータウンに入った。近年、住宅も店舗も急速に増えているところだ。
 そのほぼ中心部で信号待ち。私は3台目。車道、歩道ともとても広く、ゆったりとした造り。交差点の向こう側の横断歩道を、左側から子供が走り抜けた。青信号とは言え、わき目も振らずに渡るのは危ないなぁと思った。走り抜けた先はローソンの青と白の眩しい照明。まるで、明かりに突進する虫のようだと思った。
 ローソンに用があったと思ったその子供は店の前でUターンし、すぐにまた同じスピードで車道に向かった。今度は横断歩道ではなく、私の車の対向車線で信号待ちしている車の2台目と3台目の間辺りをすり抜けるように。直進車の列、右折車の列を越え、そこで一旦止まって安全確認してくれると思った。私の車線の先には次々に左折車や右折車が入っていたので、その子が止まらず走り抜けたらいずれかの車にぶつかってしまう可能性は大だ。でも、その子は全力で走り抜けようとした。止まらなかった。動いている車の前後をすり抜けることは、残念ながらできなかった・・・

 ドンという音は聞いたような、聞かなかったような。右折後の加速中の車がノーブレーキの状態のところに頭から突っ込み、頭の辺りだけがぶつかった直後にヒラヒラと横回転しながらその子の体は吹っ飛んだ。ぶつかると思っていたら、本当にぶつかってしまった。

 ぶつかった右折車は赤信号ギリギリで入っていたので、すぐにこちらが青信号になった。事故に一番近かった対向車線の車は、冷たくもすべて走り去ってしまった。こちらの車線に止まっていた私の車までの3台が路肩に停まり、対処を始めた。
 事故のときは被害者を動かさないのが鉄則だけど、動転した運転者が抱きかかえて歩道に運んでしまった。小さな子供を夜の道路の真ん中に置いておけなかった気持ちも分からないではないが。
 誰かが携帯電話で救急車を呼んでいるようだったので、私は子供のところへ。細身の少年だった。痛い痛いと泣き叫んでいて、ちょっとだけホッとした。誰かが自分の毛布を持ち出して掛けたが、それを丸めて頭の下に敷いた。そして、抱きかかえていてくれた人に、その毛布の上に頭を降ろすように言った。事故直後はどうしようもなく痛く、善意で抱かれていてもちょっとした揺れが響く。むしろ、動かない地面の上に転がされたほうが楽だと、経験上知っている。
 暗くて外傷が見えなかったけど、毛布が頭からの出血でみるみる赤く染まってく。私の手も、血で赤くなった。

 救急車がなかなか来ない。いつも、この時間がもどかしい。いつもより時間が長く感じていることは分かっているけど。私のときもそうだった、日本の救急車はのんびりしてる。
 痛い痛いと泣き叫ぶだけだったが、少しずつこちらの呼びかけに反応できるようになった。7歳だった。小学二年生だ。名前が4文字で、最初それは名字だけだと思ったが、姓名が2文字ずつだと分かったところで別の少年が近づいてきた。
 「○○だ」その少年が発した名前が本人が訴えたのと同じだったので、ちょっとホッとした。ラッキーだ。この近所の子だと思い込んでいたのだが、被害者はその少年の弟だった。母親はローソンの向かいにあるスーパーマーケットで買い物中ということで、その少年と駆け込む。ちょうど清算が終わったところだったらしく、「○○君がそこで事故に遭いました、来てください」と告げて一緒に駆け出した。
 母親が取り乱したらどう対処しようと考え始めたが、息子が大声を上げて泣いているのにちょっと安心してか冷静だった。そこに最初に到着したのは救急車ではなく、警察だった。

 警察の実況見分は簡単だった。運転手は何が何だか分からないとちょっと怒り気味だったけど、ぶつかったのはあんただ。運転手自身は事故をほとんど認識できていないようだったし、一部始終を見ていたのは私 だけだった。あぶなそうな子供だなと思って、ずっと注目していたのだから。

 被害者の容態が気になる。泣き叫んでいたけど、ノーブレーキの車にぶつかったのは頭だ。出血もかなりあった。耳の後ろ辺りを切っただけだと信じたいけど・・・
 こういう事態に遭遇したとき、その状況が酷ければ酷いほど、目を背けず、積極的に関わろうとしている。神様が、今日はオフに参加するのではなく、ちゃんと見ておけと言っているのだと思う。話を盛り上がらせ、花火を使って事故の直前までその場に留まらせ、事故はこうして起きるんだと見せてくれた。
 信号待ちの車で死角ができやすい右折時は、同じく死角でこちらを認識しにくい歩行者が飛び出すかもしれない。自分の子供には、信号が青でも走ってはいけないことを教えねばならない。
 少年の手には、水ヨーヨーが握り締められていた。先の花火があったサマーフェスティバル参加後で、かなりハイになっていたんだろうな。そんな子供の様子に親はいち早く気づき、目を離してはいけないんだろうな。

 最後まで読んでくれた人、ありがとう。a0010814_545752.jpga0010814_5451962.jpg
[PR]
# by Hiko_23 | 2004-08-21 23:59 | 日記

涼を求めて・第二弾

秋の気配を感じていたのに、今日は気温が37度になると聞いて急遽長瀞へ。目的は一つ、一度は行ってみたかった、天然氷の卸で かき氷を食べること。
暑い休日にはR140に渋滞ができるほどだと聞いていたけど、平日日中だし、お盆休みもたぶん終わってるだろうから さほどでもないだろうと考えていったのが間違い。

基本的に、どんなに美味しいものや珍しいものがあっても、待ったり並んだりはしない。しかし今回は、今年も夏は今日までと決め込んだ。
車を遠くに駐め、蒸し暑い中 並ぶこと35分、店の庭先の縁台で待つこと15分、汗だくになった状態でお目当てのものにありつけた。

でかい。こうして器に盛られたかき氷を食べるのは何年ぶりか。比較のしようがないから、天然氷がどれ程のものかは分からない。シロップの掛かっていない、生のかき氷を食べてみたい。
私が食べたのは宇治金時。お茶と氷糖みつのバランスが絶妙。巨大な山盛りを食べ進むと、中からたっぷりの餡が出てきた。サラッとした感じの練乳は掛け放題で、巨大なのに飽きずに食べ終えた。一時間近い待ち時間も、美味しくさせている一因か。
結局最後まで頭が痛くならなかったけど、これが天然氷のためだというのは本当か。普段は必ずキーンと来るのだが。

帰りは、再び戸谷牧場経由。前回より2時間近く早く着いたこともあるけど、ちっとも涼しくなかった。
天気予報を見たら、明日は38度だと・・・明日行くべきだったか。a0010814_562294.jpga0010814_563716.jpga0010814_564964.jpga0010814_57123.jpga0010814_571424.jpg
[PR]
# by Hiko_23 | 2004-08-18 23:30 | 日記

鈴の音

昨日は急に涼しく、と言うより肌寒くなって、もう思い出せないぐら久々に夏掛けの布団を被って寝た。去年は真夏でもこんな日ばかりだったなぁと懐かしくさえ思えた。
今年の夏は、夜でもクーラーに扇風機、何も掛けずにTシャツで転がって寝る夜ばかり。日中も扇風機さえ動かさずに済むなんて嬉しい。

今日は30度をちょっと超えただけなのに、妙に暑く感じた。もう体ったら秋の準備をしているのか。
夜は、これまた久々に湯船に湯を張って入浴。湯に浸かるのはとても気持ちが良いし、湯上がりでは思ったより火照らなかった。
窓の下で、鈴虫がいい声で鳴き始めた。まだ練習不足で永く鳴けないみたいだけど、鳴く虫の世界にはようやく恋の季節。去年は肌寒い中、無理やり鳴いてる虫に痛々しさまで感じたのを思い出した。
a0010814_511661.jpg
[PR]
# by Hiko_23 | 2004-08-16 23:59 | 日記

フライ・八木橋・今年の最後

今日は今年の花火追っかけの最後(予定)、自宅から車で30分の熊谷の花火大会。個人的なメッセージとコマーシャルだけで構成された、まさにローカルな花火大会。
しかし打ちあがる数は1万と多く、アクセスの良さ、広大な駐車場、芝生の上で、しかも余裕のスペースの観覧場所。申し分なし。

駐車場が広いと言っても観覧場所に近いに越したことは無いので、到着したのは開始の4時間前。今日の熊谷の最高気温は37度。さすがは熊谷の名物?の一つも体験できた。
歩いてショッピングモール内のフードコートに行き、久々の名物フライ(写真上)を注文。名物と言っても行田の名物だけど。しかし、出てきたフライはお好み焼きのように厚めでチョット不満。あぁ、ゼリーフライも食べたいなぁ。

花火の内容は上記のとおり。開始時でも31度と暑かったけど、芝生の上で助かった。まわりにかなり余裕があったので、寝そべって鑑賞。
構成は、たった3000発の東松山に負けてる。広すぎて打ち上げ場所が遠いのも要因かもしれないけど、迫力があったのは100発揚がった尺玉ぐらい。

こんな感じで、相当見ごたえのある花火にしか拍手が起きなくなっていたが、熊谷とその周辺にとってのデパートの中のデパート、八木橋がコールされると、打ちあがる前から歓声と拍手。こんなことは他では起きない。
内容は圧巻。スターマインと言っても尺玉など大きな花火を贅沢に使ったもの。カネと力に物を言わせたようなこの花火が、終了30分前だったのがちょっと残念。この花火で帰る人が多かった。 a0010814_458835.jpga0010814_4582161.jpg
[PR]
# by Hiko_23 | 2004-08-14 23:59 | 日記

あれから19年・・・決して忘れない

19年前の今日、18時56分26秒。
ニュースで事故のことを知る前に、あの時も強く「訴えられる」ようなもの感じていた。
JA8119、その頃と私の電話番号とまったく同じだった。

こんなに時間が経っているのに、さまざまな形でWeb上に情報を置いたり、考察したりするサイトが増え続け、私の思いもますます強くなるばかり。飛行機に乗るたび、意識しないことはない。
原因究明をうやむやにした人、組織、国家を許せない。

先週のドライブは、実はこのことを意識したもの。未だに強く引き付けられている。a0010814_4543317.jpg
[PR]
# by Hiko_23 | 2004-08-12 12:20 | 日記